検索パネルを開く 検索パネルを閉じる メニューを開く メニューを閉じる

InfoMaster

概要

組織の情報資源を最大限に活用できる大規模ユーザ向けポータルグループウェアです。

スケジュール共有や掲示板、設備予約など、豊富なグループウェア機能を搭載し、充実したセキュリティ機能で大切な情報を守ります。また、多くの方に日常お使いいただけるように、使い勝手のよい操作性と分かりやすい画面デザインとしています。

「InfoMaster」画面 「InfoMaster」画面

InfoMasterの多彩なグループウェア機能(一部抜粋) InfoMasterの多彩なグループウェア機能(一部抜粋)

環境効果のアピールポイント

(1)紙の削減

紙を使用せずに文書管理、伝言メモ、アドレス帳共有、会議室予約などが可能となるため、紙の削減につながります。

(2)人の移動の削減

カテゴリ(話題)に分けて書き込みのやりとりが可能であるため、わざわざ人が集まる必要がなく、人の移動の削減が期待できます。

(3)モノの移動の削減

掲示板や会社スケジュールを電子的に周知することが可能であるため、紙の輸送の削減につながります。

(4)人の稼働の削減

自席に居ながら他ロケーションのスケジュール確認、会議室の予約などが可能であるため、わざわざ電話で確認をする必要がなく、人の稼働の削減につながります。

評価モデル

(1)機能単位

1,500人規模の企業における社内情報共有システムで実現される1年あたりの業務。

具体的には、次の10の機能を実現することとしました。

(a)自分のTo Doをメモ

(b)スケジュール管理

(c)他人への伝言メモ伝達

(d)社員からのトピック発信

(e)文書、ファイルの保存

(f)社員同士の意見交換

(g)社員アドレスの共有

(h)会議室、会議設備の予約管理

(i)社員からの意見募集

(j)会社のスケジュールを社員に通知

(2)評価モデル

社員数は1,500人、部署数は90とし、社員は1日7時間、年間240日業務を行い、東京都内に本社および全支社があるとしました。

従来は上記機能単位を満たすために、それぞれ下記手段で実現していたと想定しました。

(a)メモ用紙に記載

(b)ホワイトボードに記載

(c)メモ用紙に記載

(d)用紙に印刷、社員に送付

(e)用紙に印刷、保存

(f)会議室に集合

(g)紙媒体による共有

(h)用紙で管理

(i)用紙で回覧

(j)用紙で配布

評価モデル図 評価モデル図

ライフサイクルステージ

本評価は、ライフサイクル全体(製造、使用、廃棄)を対象としています。範囲は下記のとおりです。

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、-:評価対象外〕

※横スクロールできます

従来システム InfoMaster
製造 使用 廃棄 製造 使用 廃棄
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用 - - - - - -
人移動
物移動 - - -
材料・エネルギー消費 - - -
物保管 - - -
人執務

「材料・エネルギー消費」では紙の負荷を計上していますが、使用段階はCO2が発生しないものとしてCO2排出量は0としています。また廃棄段階は対象としていますが、カーボンニュートラルの考えによってCO2排出量は0としています。

評価結果

InfoMasterの導入によって、従来手段と比較して1年間あたり44%のCO2排出量が削減される結果となりました。

InfoMaster導入前後のCO2排出量 InfoMaster導入前後のCO2排出量
※結果はCO2排出量を絶対値で算出した後、従来手段を100とした相対値として表しています。

*「InfoMaster」はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。