検索パネルを開く 検索パネルを閉じる メニューを開く メニューを閉じる

社長メッセージ

「Your Value Partner」として、
グローバルの変化に対応するとともに
NTTグループは自己変革により競争力を高め、
更なる成長をめざします。

最終更新日:2020年12月8日

このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された方々、そして感染拡大により生活に影響を受けていらっしゃる方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

2020年度上半期の業績と通期業績予想について

2020年度上半期は、対前年減収増益の決算となりました。営業収益は、対前年同期▲1,782億円(対前年同期▲3.0%)減収の5兆7,114億円、営業利益は対前年同期+258億円(対前年同期+2.6%)増益の1兆86億円となりました。

2020年度業績予想は、新型コロナウイルス影響として、国内ではNTTドコモの端末機器販売収入などの減、海外ではSI収入などの減を見込んでおります。一方で、投資抑制などによる設備コストの圧縮、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進などによる更なる効率化を進め、対前年増益となる営業利益1兆5,900億円をめざしてまいります。

ウィズ/アフターコロナ時代におけるNTTグループの使命

私たちの社会・暮らしには、これから大きく2つの変化が起きてくると思っています。一つはソーシャルディスタンスの確保を前提としたリモートワールド(分散型社会)であり、もう一つはソーシャルディスタンスの確保が、ヒト・モノ・カネの動き・移動を制限してしまうことに伴うグローバリズムの変質です。その結果、これまで世界各地に分散して構築されていたサプライチェーンから、よりローカルを重視したサプライチェーンへの組み替えが起こり、新グローカリズムが台頭すると考えています。

NTTグループは、そうしたグローバルレベルでのダイナミックな環境変化の中で、社会・経済の変化に合わせて自己変革を続け、「Your Value Partner」として社会的課題の解決をめざしてまいります。

NTTドコモの完全子会社化

グローバルレベルでダイナミックに変化する経営環境において、NTTグループが成長・発展していくためには、今まで以上にグループ横断でのリソース・アセットの戦略的活用と意思決定の迅速化が不可欠です。こうした考えを背景に、2020年9月、株式公開買い付け(TOB)によるNTTドコモの完全子会社化の公表に至りました。NTTグループとして、NTTドコモを中核に、さまざまな取り組みを今まで以上にグループ横断的に推進していくことで、社会・産業基盤のデジタル化やスマート化などを実現し、社会的課題の解決に寄与していくとともに、国際競争力の向上への貢献やより安心・安全な通信基盤の確保、顧客満足度の向上をめざしてまいります。

より一層のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
澤田 純

澤田純

株価情報(リアルタイム)

- 東証第1部 : 9432

現在値 -

前日比 -