検索パネルを開く 検索パネルを閉じる メニューを開く メニューを閉じる

2020年1月15日

テクノロジー

CES2020

Movies


世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市「CES2020」に初出展

NTT(日本電信電話株式会社)は、2020年1月7日(火曜)~10日(金曜)までの4日間、アメリカネバダ州・ラスベガス市で開催される世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市である「CES2020」に初出展します。
ブースにおいては、NTTが2019年5月に発表した「IOWN構想」(※1)が実現するユースケースや、それを支える基礎技術を紹介します。


※1 IOWN(アイオン:Innovative Optical and Wireless Network)は、スマートな世界を実現する、最先端の光関連技術および情報処理技術を活用した未来のコミュニケーション基盤です。

NTTについて


CES2020 の NTT のブースの外観のイメージ。IOWN構想により実現する世界を表現しています。 ※ブースデザインはイメージです。デザインは変更となる場合があります。

Exhibition Map(ブース番号:16944)


CES 2020 における NTT のブースの地図。以下の分野のゾーンに分かれています。01) IOWNが創る世界観の紹介、02) NTT ファウンテン、03) 「NTTインディカー・シリーズ」の実車展示、04) IOWNユースケース、05) 人工光合成技術、06) 海中超音波MIMO多重技術、07) 光電融合型情報処理チップ、08) LASOLV、09) IOWN's Mobility、10) IOWN Global Forum」の紹介


What's IOWN?

IOWN構想概要

IOWNを構成する3つの技術要素(All Photonics Network、Digital Twin Computing, Cognitive Foundation)と、それらが創る世界観を動画・プレゼンテーションを通じ紹介

IOWNにより実現する世界についてユースケース動画をもとに紹介

USE CASE 01Smart City/Smart Mobility
USE CASE 02Smart Healthcare
USE CASE 03Smart Life

IOWN R&D Lab

IOWN構想を支える基礎技術をデモ展示・動画等をもとに紹介

  • 光を使って低消費電力、高速化を実現する「光電融合型情報処理チップ
  • 光を使って難問を解く新しいコンピュータ「LASOLV」
  • 光を使ってエネルギーを生み出す「人工光合成技術」
  • 海中まで通信可能エリアを広げる「海中超音波MIMO多重技術」
  • IOWN時代のMobilityを実現するための「技術的アプローチ(高精度測位技術等)」

Others

その他

  • NTTおよびIntel、Sonyの3社で設立を発表した「IOWN Global Forum」(※2)の紹介
  • 北米研究拠点として2019年7月にシリコンバレーに設立したNTT Research, Inc.の取り組み
  • 2019年よりNTTグループが冠スポンサーを務める「インディカー・シリーズ」の実車展示とVRによる体験デモ

※2 http://www.iowngf.org当該ページを別ウィンドウで開きます

ピックアップ

NTT STORY の注目記事をご紹介します。