検索パネルを開く 検索パネルを閉じる メニューを開く メニューを閉じる

2021年3月13日

CSR

イノベーションを起こす力を強く大きくしていくために、事業を展開する世界各地で"才能"の発掘とエンパワーメントを実施

EVERIS FOUNDATION

関連するSDGs

  • 質の高い教育をみんなに

    目標4:
    質の高い教育をみんなに

  • ジェンダー平等を実現しよう

    目標5:
    ジェンダー平等を実現しよう

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

    目標9:
    産業と技術革新の基盤をつくろう

世界各地で才能を発掘・育成することでイノベーションを促進

スペインのeverisは、大手顧客へのコンサルティングからシステムインテグレーション、アウトソーシングに至る包括的なITサービスを提供するなかで「進歩の原動力としての才能」を培ってきました。「社会を変革するのは才能である」という考え方のもと、社会から得た才能を、持続可能な未来に向けて社会に還元していくために、everisが2001年に設立したのがeveris財団です。everis財団は、everisが事業展開する世界各地で才能の発掘と後押しをするエンジンとして、教育、科学、イノベーションおよび起業家精神に関わるプロジェクトにおいてeverisの能力を役立てています。

EVERISのフレームワーク

表彰制度などを通じて、
社会を変革し得る起業家たちの成功をサポート

everis財団の多彩な活動のなかでも、「EVERIS AWARDS(起業家精神表彰)」は大規模なものです。このEVERIS AWARDSは、社会を変革する技術的かつ斬新なプロジェクトを発掘し、そのプロジェクトを成功に導くために支援するもので、エントリーされたなかから特に優れたアイデアやビジネスプロジェクトを表彰します。「新しいビジネスモデル」「産業とエネルギー技術」「バイオテクノロジーと健康」の3つの分野でエントリーを受け付けています。

2017年のEVERIS AWARDSでは24カ国、1,264のプロジェクトがエントリーし、スペインの新交通手段(Hyperloop)に関するプロジェクトが最高位のグローバル賞を受賞しました。そのほか、コロンビアのプロジェクトが特別賞、13件が国別賞を受賞しています。受賞者には、賞金として今後の開発費用とビジネス化に向けた費用を授与します。

このEVERIS AWARDSをはじめ、everis財団は全世界のeverisグループ社員に対して、社会的起業家精神の育成を続けています。2017年、everis財団は「INTRAPRENEURSHIP SOCIAL AWARDS(企業内社会事業家表彰)」を立ち上げ、スペインのeveris社員による25件以上のプロジェクトが参加しました。優勝者はメンタリングを受けられるほか、NTTデータ本社でのインターンシップに招待されます。さらに、everis財団はTeaming(クラウドファンディングプラットフォーム)の運営もしています。その実績は、2017年現在参加したプロジェクトは7,834件以上、累計寄付額は8,109,417ユーロです。

  • 2017年EVERIS AWARD受賞者 2017年EVERIS AWARD受賞者

  • 2017年特別賞受賞者 2017年特別賞受賞者

教育の充実やジェンダーギャップの解消をめざす活動を展開

起業家支援のほかにも、クラウドファンディングのプラットフォームの運営、子どものSTEMに関する技能開発支援、また10代女性に対してジェンダーギャップの解消を図るための人的ネットワークの提供など、多様な活動を通じてイノベーションのための力を発掘・育成しています。

今後、欧州および中南米でのeveris財団の活動基盤をより強固していく予定です。また、活動規模の拡大とあわせて、everis従業員のさらなる参加を促していきます。

STEM:Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字をとった造語で、主に教育分野で使われる

スペインにおける10代の女性たちのための「プルサールプログラム」メンバー スペインにおける10代の女性たちのための「プルサールプログラム」メンバー

ピックアップ

NTT STORY の注目記事をご紹介します。