検索パネルを開く 検索パネルを閉じる メニューを開く メニューを閉じる

チームNTTのコミュニケーション

健康経営の推進

関連するGRIスタンダード:103-2/403-6

関連するSDGs

  • 働きがいも経済成長も

    目標08:
    働きがいも経済成長も

方針・考え方

従業員の健康維持・増進への取り組みがモチベーションや生産性を向上させ、企業の収益拡大にもつながるとの方針のもと、「健康経営」を経営戦略の一環として取り組んでおります。 私たちNTTグループは、従業員本人はもとより、従業員を支える家族の健康保持・増進にも配慮することが、従業員一人ひとりの働く意欲や活力の向上、ひいてはグループの成長と発展に繋がるものと考えています。

推進体制

NTTグループでは、健康経営を推進するための体制として、会社とNTT健康保険組合がコラボレーションした「健康経営推進会議」を設置し、グループ会社の人事部長とNTT健康保険組合の役員を推進責任者に指定し、「健康経営計画の策定+健康目標の設定(P)」→「健康施策の策定・実施(D)」→「健康実績の把握・確認(C)」→「健康施策の効果検証(A)」とPDCAを回すことで、効果ある取り組みとしていきます。また、ヘルスデータを活用した健康目標(KPI)を設定し、その達成に向けた健康意識の向上と推進活動を促進するための各種施策を検討し、展開しています。

主な取り組み

従業員の健康の保持・増進

NTTグループでは、従業員の健康の保持・増進に向け、定期健康診断の充実と、診断結果を踏まえた健康指導を行っています。さらに、生活習慣病対策として、希望者に対して人間ドックの受診機会を提供するとともに、30歳を起点として60歳まで5年ごとの人間ドックの受診を必須としています。加えて、スポーツジムの利用者への利用支援も実施しています。

また、健康保険組合と連携し、ウエアラブル端末を活用することで、日々の歩数などのバイタルデータを記録・確認できるポータルサイトや、健康診断データをもとにメタボや高血圧に関する将来の健康リスクを予測・シミュレーション機能を具備したアプリを提供し、従業員の健康行動のサポートを実施しています。加えて、食堂が設置されている事業所では栄養士の管理による昼食を提供しているほか、一部の事業所においては、仕事の合間のリフレッシュとレジリエンスを高めるために気軽に利用できるマッサージサービスも提供しています。

新型コロナウイルス感染症対策における社員の健康管理

新型コロナウイルス感染症の流行の拡大に伴い、全従業員に対し安全・健康を確保するための取り組みを行っています。また、関係会社社員に対しても同様の取り扱いとしています。具体的には従業員の安全(P074)をご覧ください。

また、アフターコロナにおけるリモート型の働き方(場所にとらわれず自由度の高い働き方)を推進していくうえで、従業員のメンタルヘルス対策・フィジカルヘルス対策は今後一層重要になると考えており、遠隔でもセルフケア・ラインケアが行える効果的な施策を順次展開しています。

過重労働の防止

NTTグループは、例えば、パソコンのログオン・ログオフ時刻をシステム上に記録し、オフィスワーク・リモートワークを問わず、従業員一人ひとりの労働時間を適正に管理することで、過重労働の防止に努めるとともに、長時間労働者に対しては、健康管理スタッフによる過重労働面談において、健康管理に向けた適切な助言・指導を行っています。

また、フレックスタイム制・スーパーフレックスタイム制・裁量労働制、リモートワーク制度などを導入し、柔軟な働き方を実現するなど、従業員が活き活きと働くことができる環境を整備しています。

メンタルヘルスケア

NTTグループは、メンタルヘルスに関して社内外に相談窓口を設けているほか、ストレスチェック、過重労働面談、管理者に対するラインケア研修の実施など、メンタルヘルスの対策を実施しています。

また、リモート型の働き方を推進する中、メンタルヘルス対策として、簡易な問診を定期的に行うことで、社員の変調を把握・管理(セルフケア)するとともに、上長とのコミュニケーション(ラインケア)を促す仕組みとして、よりリアルタイムな意識の定点観測が可能な「パルスサーベイ」を実施しています。

充実した福利厚生

NTTグループトータルで選択型福利厚生制度(カフェテリアプラン)を導入しています。人間ドック受診や健康IT機器の取得などの健康増進に加え、財産形成支援などのカフェテリアメニューを提供しており、従業員各自が付与されたポイントを使って、自由にメニューを選択することができます。

また、ポイントを使用せずに従業員が利用できるコアメニューとして、年齢とともに発生リスクが高まる「生活習慣病」や「がん」をはじめとした疾病の早期発見のため人間ドックを実施しています。さらには、フィットネスクラブの利用補助、スマートフォンアプリ(dヘルスケア)を活用した健康活動促進メニューなども提供しており、いつでも自由に利用することができます。

「カフェテリアプラン」の主なメニュー

健康増進 人間ドック(オプション検査補助含む)、ベストドクター紹介、マルチオピニオン、ウエアラブル端末等の健康IT機器取得 等
財産形成 各種財形貯蓄奨励金、社員持株会 等
住宅関連 社宅・寮入居、持家取得支援 等

全ての従業員が利用できるコアメニュー(ポイント申請不要)

健康増進 人間ドック(30歳時を起点に60歳までの間、5年ごと)、dヘルスケア(ベーシック) 等
生活援護 NTTベネフィット・パッケージ(フィットネスクラブの利用補助、育児・介護支援、レクリエーション利用など) 等
財産形成 一般財形貯蓄 等
住宅関連 提携ホームローン 等
その他 保険・共済 等

健康・安全とウェルビーイングに関する取り組み

フレックスタイム制度 (働く時間を柔軟にする)フレックスタイム制(コアタイム設定あり)、スーパーフレックスタイム制(コアタイム設定なし)
在宅勤務制度 (場所を選ばない働き方を可能とする)在宅勤務、モバイルワーク
育児施設や手当 ・扶養手当の支給
・ベビーシッター補助等のライフサポート
・事業所内託児所の設置
母親を対象とした法定以上の有給の出産・育児休暇 育児休職制度、育児短時間勤務制度(法定以上)、育児のための個人単位のシフト勤務、育児のために退職した社員の再採用制度、失効する年休を積み立てて利用可能な「ライフプラン休暇」等
父親を対象とした法定以上の有給の出産・育児休暇 育児休職制度、育児短時間勤務制度(法定以上)、育児のための個人単位のシフト勤務、育児のために退職した社員の再採用制度、失効する年休を積み立てて利用可能な「ライフプラン休暇」等