検索パネルを開く 検索パネルを閉じる メニューを開く メニューを閉じる

画像

画像

画像

画像

Social Challenge 3
人と自然が寄り添う未来へ

画像

なぜ取組むのか

NTTグループの事業に欠かせない通信設備、特に電柱、通信ケーブルなどは自然環境の中に設置しており、生態系に対し少なからず影響をおよぼしています。また、通信ケーブルなどがリスやカラスによってかじられ破損するなど、生態系から影響を受けることもあります。生物多様性を含む生態系からの恵み(水や食料など)は、人類を含む生物全体にとって不可欠なものであり、その保全に向け考える必要があります。

何を成し遂げるか(実施目標)

ありのままの自然を未来に引き継ぐために、事業活動および社員活動を通して、自然に寄り添い、生態系保全に関する取組み(自然資本への配慮)を推進します。

将来的な展望・見通し

NTTグループは、社会活動を支える基盤である生態系の保全について、生態系とNTTグループ間の影響について考慮しながら、生態系に配慮した事業活動をめざします。

Business Activity 10
環境アセスメントの徹底

コミットメント内容

データセンターをはじめとした建物設置時の環境アセスメントの実施を徹底します。

具体的目標

NTTグループは、データセンターなどの建物建設時に、グループのガイドラインを遵守し、あらゆる環境特性の把握に努め、必要に応じて設計に反映することに努めます。

データセンターをはじめとした建物設置時の環境アセスメント

NTTグループは、データセンターなどの建物を新たに建設する際には、グループ独自の「建物グリーン設計ガイドライン」にもとづき、建物の敷地およびその周辺地域の歴史的、社会的、地理的、生物的な環境特性の把握に努め、必要に応じて設計に反映しています。たとえば、近年情報通信インフラの中核となりつつあるデータセンターでは、地域固有の植生を生かした緑化に取組んでいます。

さらに、お客さまに新規データセンターの構築を提案する際は、「建築環境総合性能評価システム(CASBEE)※1」で最高評価となるSランクの取得をめざした提案に努めています。このような環境への配慮と同時に、施工時には低騒音・低振動、地域美化などに配慮し、運用時には空調屋外機や非常用発電機に近隣への排熱や騒音の影響を抑制するための工夫も施しています。

活動事例紹介

NTT都市開発
品川シーズンテラスが「ZEB Ready」認証を取得

品川シーズンテラスでは標準的な建物と比べ、年間の一次エネルギー消費量をオフィス部で51%(建物全体では43%)削減することで、主用途であるオフィス部の評価で建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の最高ランクである5☆および「ZEB※2 Ready」認証を2019年12月に取得しました。自然光や風を取り込む吹き抜け空間や涼しい外気を利用する排熱システム、下水熱エネルギーを利用した空調設備、再生水の利用など、快適性と省エネルギー性能の高い環境に配慮した設計・設備を導入するなど、国内最高水準の環境配慮型オフィスビルです。

画像
  1. CASBEE:建築環境総合性能評価システム。環境配慮性や室内の快適性、景観への配慮など、建物の品質を総合的に評価する仕組み
  2. 先進的な建築設計によるエネルギー負荷の抑制やパッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることをめざした建築物

Business Activity 11
生態系保全に向けた貢献

コミットメント内容

生態系への影響を考慮した事業活動を推進していきます。

具体的目標

NTTグループは、自らの情報発信能力を活かし、生態系保全に向けた貢献活動に取組みます。

生態系保全に向けた貢献活動

ICTサービスを提供する企業として、その情報発信能力を活かした貢献活動にも取組んでいます。たとえば、使うことで環境保護に貢献できるポータルサイト「緑のgoo」のように、より広く社会に生物多様性の重要性を啓発する情報発信や交流の支援に努めています。

緑のgoo

NTTレゾナントは、ユーザーが「緑のgoo」を利用することで得られた収益の一部を環境問題に取組む環境保護団体に寄付するという仕組みを、2007年8月21日より提供しています。これまで国際環境NGO FoE Japan、財団法人 日本野鳥の会、公益社団法人 国土緑化推進機構、公益財団法人 日本自然保護協会等の46の環境保護団体に58,790,000円の寄付を行ない、その活動の支援を行なっています(2021年3月31日現在)。また、「緑のgoo」は、59社の企業および従業員のみなさまにご賛同いただき、企業内でも活発的にご利用いただいています。

また、暮らしに役立つコラムとして、ナチュラルにライフスタイルを楽しむコラムや、自然体験やおでかけ情報に加え、日本の美しく豊かな自然と共生するための情報を提供しています。さらに、自然と環境を学ぶコンテンツとして、多様な自然環境の姿を紹介したり、そして環境検定の情報・環境用語なども知ることができる仕組みを作っています。

活動事例紹介

NTT Ltd.

南アフリカのサイを密猟から守る監視システム

2025年までに絶滅してしまうと危惧されるサイ。その原因である密猟を防ぐために、NTT Ltd.では、生息エリア内での人間の動きを追跡・監視するネットワークをICTインフラで実現。サイにストレスを与えることなく、安全な生息環境をつくり出しています。